British English-ish


イギリス生活で学んだ英語と覚え書き。先日帰国したAUSよりオージー英語もちらほら。でもやっぱり英英語を聴くとシビれます
by sproutish
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Post card( 2 )

My favorite post card②

"Your real duty is to preserve your dream"  by Amedeo Modigliani

(あなたの本当の務め、それは夢を持ち続けること。 アメデオ・モジリアーニ)


d0065833_18493658.jpg


モジリアーニは、1884年イタリア生まれで1920年パリで没した天才画家。
モジリアーニといえば、”ふにゃり”とした姿勢で、首が長く黒目がちでちょっと怖い女性の人物像が思い浮かぶ。


ふと思ったのですが、夢を見続けるというのは飛んでる鳥みたいなものかも。
私たちは目的地(夢)へ向かって飛びつづける。
目的地に着けるかどうかわからないけど、翼を動かして進み続ける。
飛び続けていれば、目的地に着けるかもしれないし、
着けないとしても、その通り道で、思ってもみなかったすばらしい島を見つけるかもしれない。

でも、翼を動かすこと自体(夢見ること)止めてしまったら、
目的地に着けないどころか落っこちてしまう。

失意の時、目的地(夢)を失った・・・って思ったとしても、
それは、もっといい島に辿り着くための、神様の策略かもしれない。
[PR]
by sproutish | 2005-08-14 19:01 | Post card

My favorite post card①

このポストカードは、アーティストや作家などの写真と言葉をつけたシリーズ。
ビジュアル的にもよいし、言葉も洒落てたり「クスッ」と笑ってしまったり
「なるほど・・」と納得するものも多く、大好きなポストカードシリーズのひとつです。
オスカー・ワイルド、クロード・モネ、ウッディ・アレン、ピカソ、ベートーベン、レオナルド・ダ・ヴィンチ・・・など、統一性があるようなないような(笑)色んな人のバージョンがあります。
結構私にとってはツボな人が多い。
イギリスのカードショップやミュージアムでちらほら見かけ、ことあるごとに数枚ずつ購入しました。
その中でも一番のお気に入りはこれ。

″Smile, Your teeth are not only made for eating or biting.-Man Ray-″

(笑って!あなたの歯は食べたり噛んだりするためのものだけじゃないよ。-マン・レイ-)


d0065833_2346247.jpg


こんな洒落た言葉を男性に言われたら恋に落ちるかも?(笑)
日本語じゃキザすぎるか。

ご存知の方も多いでしょうが、マン・レイは、1890年N.Y.生まれで両親はロシア系ユダヤ人の写真家。それまで記録する為のものだった写真を、芸術の域に高めたのがマン・レイであるといわれています。31歳でパリに渡り、ファッション・デザイナーのポール・ポワレの衣装を撮った写真が評判となり、ダダ、シュールレアリズムなどの前衛的な芸術運動の中心人物となったマン・レイは、写真家としての名声が高まりました。その他、絵画やオブジェ、映画なども手がけました。
[PR]
by sproutish | 2005-06-13 23:54 | Post card
カテゴリ
Links
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧