British English-ish


イギリス生活で学んだ英語と覚え書き。先日帰国したAUSよりオージー英語もちらほら。でもやっぱり英英語を聴くとシビれます
by sproutish
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Bouncy

「もちもち」


日本語は、オノマトペがとても多い言語。

ご存知かとは思いますが、オノマトペとは

ドキドキ、トントン、ガチャン、などの物が発する音を字句で模倣した「擬音語」

ワンワン、メェメェなどの動物が発する声などを言葉に表した「擬声語」

あと特に日本語独特である

ガーン、シーン、ムカッ、メロメロなどの状態や感情などの

音を発しないものを表す「擬態語」

などのことですね(・ω・)b


日本はマンガ文化の影響も多々あって、オノマトペが群を抜いて多いと聞きますが

ほんと、オノマトペなしで話すってかなり難しいです!

(「車がガーッて来て、ガシャン!って言ったけん、パッとそっち見たらさ~・・」

とか、普通にかなり連発してることでしょうー)


で、外国で何度か説明に困った表現が「もちもち」。

マルタの男の子で、この日本語を耳にしたという子が

「"もちもち"ってどういう意味?」と聞いてきたのだけど

直訳はないので、このニュアンスをどう表現すべきか・・・と考え、

いわゆるお餅的なもちもちを説明するつもりで

"sticky, but nice"

なんて言ったけど、それって「餅」を知らかったら訳わからんやろっっ、

みたいな説明やん!笑


"もちもちの肌"=「ナイスなベタベタ肌」とか想像したくないですな( ̄▽ ̄;)


というわけで、日本に来たことあるイギリス人に聞いてみた。

「もちもち」 in Englishは、

Bouncy    またはニュアンスにより

Spongy

なるほどね~、言われてみて納得!!

これはその彼の感覚による英訳ではありますが

「もちもち」というニュアンスををわかってるよなぁ!(`v")と感心したのでした♪
[PR]
by sproutish | 2007-01-22 23:44 | A - G
カテゴリ
Links
お気に入りブログ
以前の記事
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧