British English-ish


イギリス生活で学んだ英語と覚え書き。先日帰国したAUSよりオージー英語もちらほら。でもやっぱり英英語を聴くとシビれます
by sproutish
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Ready spaghetti?

「準備はいい?」



"Ready?"spaghetti をつけただけで

特に意味はなかでっしゃろう。


"Easy-peasy ( lemon squeezy) "

" See you later Alligator ♬ "

みたいなもんですな(・ω・)


韻を踏んだ語感を楽しみましょ~♪
[PR]
# by sproutish | 2006-10-30 20:07 | O - U

Ants in your pants

"Have you got Ants in your pants?" → 「パンツに 蟻が入ってんじゃねーの?」

d0065833_23182012.gif<ワシ?

じゃあなくって。


Ants in your pants
         ↓
「落ち着きがない」 「急いでいる」 「イライラ、そわそわした」


という意味デス。


ええ、パンツに蟻が入ってたらそりゃ~ソワソワしちゃうでしょうよ。笑
[PR]
# by sproutish | 2006-10-15 23:20 | A - G

Pot called kettle black

「五十歩百歩」とか「目クソ 鼻クソを笑う」(失礼♪)

みたいな意味のことわざでしょうな。



あと、以前ラジオの英会話講座で聞いてメモッてたことわざ。

意味は違うけどついでなので諺シリーズです!
("シリーズ"って言っても、めどはありませぬ。笑)

(It's) a white elephant.

「無用の長物」


無用だなんて、ひどいわぁ。
白いゾウさん、いたら素敵ですよね♪
[PR]
# by sproutish | 2006-10-04 22:04 | O - U

Strait down in a hatch

Tから習った、簡単だけど使える表現、まだまだ続きます!



ハラヘリ絶好調で、美味し~いものを食べたら

その食べ物はどうなるか・・・



"Strait down in a hatch!"





胃へ直行!



みたいなぁ~意味。



"Down the hatch!" で 「乾杯!」や「一気に飲んで!」

みたいなぁ~意味。
[PR]
# by sproutish | 2006-10-01 01:08 | O - U

I'm shouting!

前回のつづきです。Docklandsに向かう車の中で、Tが「何が食べたい?」と訊いてきていいました。

"I'm shouting!"

「俺は叫んでるぜ!」

・・・じゃなくて。

「俺のおごりだ!」 

という意味です。


Oxford dictionaryによると、これはオージー&ブリティッシュ・イングリッシュ(もちろんインフォーマル)。以前書いた"It's my turn (=round)" 「次は私の(払う)番」と同じように、 "It's my shout" と使えます。

d0065833_2059658.jpgやっぱり意図してないのに、やたらめったら縁があるスパニッシュ・タパス。どの店もお客さんいっぱいで、「席が空いてる!」と入ったらスパニッシュでした(爆) でもここもめっちゃ美味しかった~。特にディップとラムチョップ!Thanks T!!!
[PR]
# by sproutish | 2006-09-20 21:03 | オージー英語

暑いっす

オーストラリアから帰国する前の日曜日に、従妹と彼氏(オージー)が、私の希望を叶えてくれるべく、まだ行ったことのないDocklandsに連れて行ってくれました~。
なんだか福岡の百道(ももち)に雰囲気がとっても似ているベイサイドでした。

で、日本へ帰る前だったから、その彼Tが進んで私に色んな表現を教えてくれて、ありがたいことです。それがなんだかやたらとありますので(笑)、いくつかに分けてアップしていきます。

すごく易しい表現だけど、ネイティブじゃないと出てこないよなぁ~っていうものたちで、そういうのを色々聞いてると、やっぱりネイティブと話してると、同じ意味でも表現の幅とバリエーションが広がるよねぇと改めて実感。

ではでは、やっと涼しくなってきた日本で使うのはタイムリーではない表現をふたつほど。


It's cracker of a day.

これは = It's a good day. と同じ意味。

"cracker"が使われていることで、『いい日ねっ~!\(`v")/♪』
ってな感じではじけたニュアンスが出てる気がしますねっ。
(あくまでも私が感じるイメージですw)



It's stinker today.

= It's hot day

要は、stinker→臭う、汗臭い 『今日は暑い日ねっ』てことです。

これおもしろいから使いたいけど、やはり咄嗟に出てくるのは
"It's hot day today, isn't it?" 
とか、ふつーに何のヒネリもなく言っちゃうんでしょうな、実際・・・ (*´_┘`)ゞ

そうならないためにこのブログしてるんじゃないの?
(・・・と、自分にツッコんでみる。) 
[PR]
# by sproutish | 2006-09-15 01:42 | オージー英語

nerd (nerdy)

「オタク」 「専門バカ」 「何かにのめり込みすぎて社会性がない人」

(noun. informal) a stupid, irritating, ineffectual, or unattractive person.
an intelligent but single-minded person obsessed.



科学者のような仕事をしてるオージー・カップルと映画に行ってお茶してる時
『職場はnerdyばっかりで嫌になるよ。』という話になり、
「え?nerdyって何何?」と訊いて知った単語。

この単語、今まで知らなかったのが不思議なくらい
日常の話題に出そうなのにねぇ~と思ったんだけど、どうでしょっ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

またまた長らくの放置プレー、、すみませぬ。
オーストラリアから永久帰国したのですが、まだ自宅にネットが引けてません。
光の工事が完了して開通するまでには、あと3週間くらいかかるかも (´×`*)
ネット中毒の私にとっては悶絶しそうな状態ですが(笑) その間、ボディー・ボードに初挑戦したり読書三昧だったりと、健康的に過ごしておりまする。

ネット開通後は、光なのでサクサクページが開くはずなので
どんどんアップする予定です!(今度こそ。笑)
[PR]
# by sproutish | 2006-09-04 22:24 | H - N

bangers

「ソーセージ」


イギリスの伝統料理「bangers and mash(ソーセージとマッシュポテト)」で

使われてますね。

(「料理」ってほどのものじゃないと思うけどね・・・ぼそっ。)


名前の由来は、ソーセージを焼くと、

皮が破れてはねる(bang!)から、「バング」→「ばんがー」→「ばんがーず」。

ハウスメイト曰く、第一次世界大戦の時の軍隊でそう呼ばれたのが始まりらしい。



昨夜は、メルボルンで一番古いというパブDuke of Wellingtonへ。

私はラム・チョップを食べたのですが、友人が食べた巨大なソーセージの写真を見て

オージーのハウスメイトがbangersの話をしてくれました。

d0065833_14551048.jpg

ここは、イギリスのパブに雰囲気が近くて

食事もイギリスのパブ・ディナーっぽくて、居心地がよかった!
[PR]
# by sproutish | 2006-08-08 14:57 | A - G

docket

「レシート」

(buisiness) a document or label that shouws what is in a package, which goods have been deliverd, which jobs have been done, etc.

シドニーにワーホリで来ているイギリス人が、スーパーのレジの人から
「Would you need a docket?」
と尋ねられたけど、何のことか分からず何度も聞き返したそうです。
「普通はreceiptとかbillinvoiceだよね。」
そうですな。


オーストラリアではレシートのことをdocketと普通に使うらしいのですが、
辞書を引くと
英:「(書類や小包に付ける)内容摘要」「付箋」「関係支払証明書」「貨物証券」
米:「(事務上の)処理予定表」「(会議などの)協議事項」
と、日本語でも私の脳では理解に苦しむような堅さです。


イギリス人がわからんくらいだから、私にわかるわけがないっす。
でも今度からdocketと言われても大丈夫だ~♪
[PR]
# by sproutish | 2006-07-09 14:01 | オージー英語

oxymoron

例えば、サイモン&ガーファンクルの「Sound of silence」=静けさの音

「Sweet sorrow」=甘い悲しみ

「an open secret」=公然の秘密

などのように

意味的に「矛盾する語法」のことです。


noun. a phrase that combines two words that seem to be the opposeite of each other.


oxymoronな表現、好きだな~。
[PR]
# by sproutish | 2006-06-28 20:32 | O - U
カテゴリ
Links
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧